秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

久しぶりに干し餅を食べたら、やめられない止まらない【佐忠商店】

地域の雪上運動会なるものに娘と夫が参加したら、干し餅をもらってきました。(他にも横手焼きそば、十文字ラーメンとか露月堂のお饅頭とか。なんて太っ腹なイベント!)

f:id:yamadayukonet:20180301110157j:plain

県外出身の夫にすれば「見たことあるけど買ったことも食べたこともない、はて、これは一体どんなもの?」という感じ。

県内出身の私にとっては、これが何かも知ってるし食べたこともあるけど、自分で買って食べたことはないもの…。

 

あっでも、東京にいた頃にバイト先にお土産で買ったことがあります。食べてビミョーな反応してたなあ、と思い出しました。なかなか、子どもの頃から食べてる人でなければ、そんなもんかもなあ。

ということは、夫の反応もいまいちかなあ。

小1の娘は、「クッキーの方がいい」とか言いそうだなあ…

 

なんて思ったので、2人がいないときにとりあえず1枚、久しぶりに干し餅を食べてみたら、もう、美味しくて手が止まらなくてほぼ食べつくしてしまった、という記事です。

干し餅について、少し。

干し餅って何かと言うと、その名の通り干した餅なんですけども、東北地方の冬のさむ~~~~い空気に晒して乾燥させたものです。

通常より多量の水分を含ませたお餅を使うので、中の水分が凍ります。なので、「凍り餅」(こおりもち)、「凍み餅」(しみもち)「凍み凍り」(しみごおり)等の呼び名があるようです。私の祖母は「しみもぢ」って言ってたな。

長時間乾燥させるために、さくさくとした歯ごたえの食感になっていて、甘みもある、風土を活かした保存食ですね。

 

子どもの頃は、そうやって作られてる物だなんて特に考えもせず、家にあったから食べた、みたいな感じだったと思います。

 

上京して一人暮らしをする中で、スーパーでチョコやスナック菓子を買うことはあっても、干し餅を買うことはない(だって売ってないからね)。

もしも、県内で一人暮らししていたら、スーパーで干し餅をカゴに入れることはあったでしょうか。

 

ないだろうなあ。なんだかあくまで、干し餅って「祖母が買ってきて、家にあるもの」という物なイメージが固まってしまって。

 

そんな干し餅ですが、やはり一旦地元を離れると、帰省した際にそれは「田舎の名産菓子」として土産候補となり、バイト先に買って行ったら微妙な反応だった、という結果なのでした。

まあいいや。食べよう。

干し餅は、いろんなメーカーさんが出してますが、特にひいきにしてるメーカーさんがあるわけではありません。というか先にも書いたように「自分で買って食べるんでなく、そこにあるから食べるもの」みたいな感じがあるので。

 

今回、雪上運動会の景品として持ってきてくれたのは、佐忠商店さんが作ってるものでした。

干し餅といえば、ほんのり黄色・ほんのりピンク・ほんのり黄緑、な3色のイメージです。紐に繫がれてるものもあれば、こんな風に個別包装されてるものも。 f:id:yamadayukonet:20180301110150j:plain

私が知ってる干し餅は、良く言うと素朴、良く言わないと味気なくて口の中の水分を一気に持ってって飲み込んだあとも喉に何かまだ残った感じがする、ちょっと食べにくいもの。でも前歯でかじったときのサクッとした感触だけは、いいのよね!というものですが、今回いただいた佐忠商店さんのこれは、もっと水分があるというか、甘辛しょうゆの味がしっかりしてて、それが唾液を誘うのか、

食べて「ン、ガ、ググ!」となることはなく、一つ、また一つ食べたくなるものでした。

f:id:yamadayukonet:20180301110150j:plain

こんなとき、個別包装ってずるいわ。一つ、また一つ、手を伸ばして袋をぴりりと開けるのがなんだか快感なんですよ。脳内に喜びがプシュ、プシュ、とちびりちびりと放出される。こんちくしょう、全部食っちゃうじゃないか。

 

さてもう一つ。黒糖味。人生初のお味です。

f:id:yamadayukonet:20180301110153j:plain

黒糖なので、かりんとうのお味をイメージすればだいたい同じと思うのですが、やはりここでも憎いのがこの食感。かりんとう以上に、やめられない止まらないです。

どっちも美味しいけど、黒糖の方が止まらなくてやばい。

 

食い散らかしてるよ一人で。平日午前、育児中の無職38歳がよう。

f:id:yamadayukonet:20180301110147j:plain

佐忠商店さんとは

ところで今回いただいたこの干し餅の製造者、佐忠商店さんは、横手市増田で長く商売をしてきたお店のようです。

Google検索すると、私がしょっちゅう車で通る道沿いにあるようで、写真を見ると「えー、こんなところにこんなお店があったのか」と驚きました。

でもこちらは工場?事務所?とても、中に入ったら干し餅とか買えるようには見えません。

とりあえず、内蔵の町として売り出してる増田の街並みの中にまちの駅 福蔵(ふっくら)というお店を出しているみたいです。

こんな記事もみっけた。

横手市増田町「まちの駅 福蔵(ふっくら)」・内蔵のまちで「休んでたんしぇ!」

てゆうか、私も行ってた。

前行ったときは、内蔵を見るのが目的で、店内の喫茶スペースには全然立ち寄らなかったので、今度ぷらっと行ってみます。

 

ああ、干し餅。美味しかったなあ。

で、ほぼ食べつくして、残り1枚しかなかった干し餅(黒糖)を今日7歳の娘に食べさせたら

「美味しい!もっと食べたい!」と言うので、明日にでも買います。

きっと娘にも、「干し餅は、親が買ってくるのか、いつも家にあるもの」みたいな思い出が刻まれていくんだと思います。

f:id:yamadayukonet:20180301110153j:plain

美味しいので、同じ写真何回も登場させました。ちゃんちゃん。

スポンサーリンク