秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

皆瀬の切り干し大根で、冬を乗り越えよう

先日、小安の地熱乾燥で作ったドライトマトのことを書きました。 

www.yamadayuko.net

このドライトマト、いいもん作ってくれてホントありがとう!の気持ちでいっぱいなのですが、他にも地熱乾燥の素晴らしくいいものがあるので、紹介します。

それは、切り干し大根!

皆瀬の切り干し大根

切り干し大根と言うと、普通イメージするのは千切りにして干された大根かと思いますが、皆瀬の切り干し大根は輪切りです。(千切り商品もあるけどね)

f:id:yamadayukonet:20171211110431j:plain

千切りの切り干し大根は、袋をあけると「シャナシャナ…」と、しとやかに控え目にとでも言うように出てくるけれど、輪切りのこれは「ガラガラガラ」と音を立てて出てきます。存在感出しすぎw

f:id:yamadayukonet:20171211110247j:plain

ここに載せた2枚の写真、パッケージが違う切り干し大根なんだけど、生産者の違いなのか、輪切りの厚さの違いなのか、実は違いなんてないのか…わかりません。

価格は180~230円ほど。安くはないけど、高くはないと思っている。いや、安いか!!

f:id:yamadayukonet:20171211110203j:plain

小安にある「あぐり館 皆瀬」に行くと間違いなく買えますが、道の駅十文字でもだいたい見かけます。たまに、スーパーモールラッキーにも置いてる。湯沢市内のスーパーはあまり行くことないんだけど、まあだいたいどこにでも売られてるのかな。

皆瀬の切り干し大根 いいところ

なんといっても、輪切り大根なので存在感というか歯ごたえがすごいです。ヴァリヴォリヴァリヴォリと、いぶりがっこを食べてるかのよう…というのは若干言いすぎですが、千切りの切り干し大根とは明らかに食感も味わいも違います。

さあ、水に放つぞ!

f:id:yamadayukonet:20171211110158j:plain

そして、袋の裏面でもしっかりアピールされていますが、完全無添加で「原材料:だいこん」とシンプル。体にも嬉しい。

こんな表面積のある干し大根だから、さぞかし戻すのに時間がかかるかと思いきや、そうでもありません。

水につけて、しいたけと人参をとんとんと刻んでるくらいの時間で十分戻ります。

切り干し大根作ろう

もう、目をつぶってでも作れるぜ!というくらい簡単すぎる私の切り干し大根です。

  1. 皆瀬の切り干し大根を水に漬ける
  2. 人参としいたけを刻む
  3. 軽く水を切った干し大根と人参・しいたけを、ごま油で炒める
  4. 油が全体にまわったら、戻し汁をひたひた手前になるまでフライパンに入れて、かくし味と出汁醤油で味をつける

f:id:yamadayukonet:20171211110155j:plain

我が家の出汁しょうゆとは、味道楽としょうゆを3:7くらいで混ぜたものです。味付けは、ホント適当にやって美味しくできます。味道楽とかくし味が万能なのもあるけど、切り干し大根自体がとっても美味しいからだと思ってます。

 

できた。

f:id:yamadayukonet:20171211110153j:plain

まとめ

  • 皆瀬の切り干し大根は、輪切りでとっても食べ応えあり。
  • 素材がいいから、適当な味付けでも美味しく作れる
  • 必ず買えるのは、あぐり館皆瀬と、道の駅十文字(他にも常置してるところはあるはず)

ちょいちょい作ってちょいちょい食べたら、きっと風邪知らず!そして噛む力も衰えない。食べたことないって方は、ぜひぜひお試しください。

スポンサーリンク