秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

なるせ加工研究会のトマトバーガーを求め、東成瀬へ。

週末、Facebookを見ていたら目に入ってきた情報。

f:id:yamadayukonet:20171016091422j:plain

なるせ加工研究会による、トマトバーガー

てっきり、旬の時期限定と思っていました。まだ食べられるんだ!

夫に見せると「食べたぁいいぃぃぃぃぃ」と喜んでたので、このトマトバーガーを求めて、一家4人で東成瀬へ向かいました。

ちなみに初訪問の記事はこちら。 

10月の東成瀬もまた、気持ち良し

今日もドライブ日和。

その先の栗駒高原、須川湖周辺は紅葉のピーク。それもあって、そこに向かう国道342号線は渋滞しているのかと思いきや、夢・なるせ直売所に着くまで渋滞は全くなく、相変わらず 時速60kmで走っていると後ろからあおられる スイスイと走れる気持ちのよい道路でした。

若干日にかげりのある正午。駐車場のすぐそこは、田んぼです。

f:id:yamadayukonet:20171016092319j:plain

これじゃ、これ。

f:id:yamadayukonet:20171016092327j:plain

何気にこれも気になってはいる。

f:id:yamadayukonet:20171016092330j:plain

新聞記事が貼ってありました。

東成瀬村の農業組合法人「なるせ加工研究会」が、村特産トマトのケチャップをたっぷり載せたハンバーガーを開発した。 

f:id:yamadayukonet:20171016092359j:plain

 開発!!かっこいい…

f:id:yamadayukonet:20171016092401j:plain

販売しているのは直売所だけ。 そうなんですよねえ。

なるせ加工研究会の商品(ケチャップや焼肉のタレ等々)はスーパーや道の駅でみかけるけど、トマトバーガーというのがあることは、前回ここに来るまで知らなかったのです。

やっと食べられるときがきたよ!

こんな素敵なハンバーガー、もっとあちこちで売り出せばいいのに。もったいない…なんて思いながら、夫と私と娘の分を3つ注文しました。

そのあと何となく店内を見渡しながら、再度レジカウンターの中を見たら、

f:id:yamadayukonet:20171016092417j:plain

わーお!フライパンでパンを温めてる!

その後も、カウンター内にある一人暮らし用サイズの冷蔵庫から、トマトやケチャップやレタス等々を取り出して

f:id:yamadayukonet:20171016092427j:plain

こんな風に作ってくれます。そりゃ、ここでしか食べられないのも納得。

 

なんだか、親戚の家にちょっと寄ったら「おなかすいてる?冷蔵庫にあるものでハンバーガーならできるけど?」と叔母がハンバーガー作ってくれてるような気分になります。

実にほっこり。

このように手づくりなので、ちょっと時間はかかります。その間は店内商品や外の地物野菜・果物などを見ながら待ちました。注文は先に済ませるといいね!

そして、このようにできたてを受け取ります。これで1個300円かあ。安いよ。

f:id:yamadayukonet:20171016100622j:plain

ところでこのトマト、この時期に採れるのか聞いたところ、ハウス栽培もやってるんだそうです。なるほどね。

 

ほんのり温かいまま受け取れるハンバーガー。

f:id:yamadayukonet:20171016092430j:plain

主役のトマトとかトマトケチャップとか全然写ってない撮り方でホントごめんなさいね…。日光が眩しくて直視できなかったんだよ、あと早く食べたかったんだよ。

直売所内には、小さいテーブルとイスのセットもありましたが、こんな気持ちのいい日は、駐車場に停めた車の横で立ち食いです。

f:id:yamadayukonet:20171016092436j:plain

紅葉が、少し始まったくらいでした。 

f:id:yamadayukonet:20171016092440j:plain

直売所の後ろも前も、このように山です。

 

ハンバーガーは、パン生地にトマト、具にもトマト、ソースにもトマトと、名前の通りトマトづくし

パンはトマトを練りこんだ米粉パンで、もっちり、どっしりとした美味しさです。シャキシャキの力強いレタスとハンバーグ、そして主役のトマトは1cm超の厚さで輪切り。

f:id:yamadayukonet:20171016092443j:plain

そして中に潜むあの代表商品、トマトケチャップが「どーよ、いい仕事してんだろ?」と言わんばかりの味を出しています。

美味しかった!!!

これねえ、トマトが一番美味しい8月とかに食べたら、どれほどのものなんだろう(もちろん今日も、本当にとっても美味しかったんだけど)。

想像しただけでよだれがじゅるじゅるなので、来年を楽しみにして冬を越そうと思います。

ジェラードももちろん食べる

さて、私と娘は再度店内へ。今度は気になるジェラードを。

f:id:yamadayukonet:20171016092453j:plain

「コーン入り150円、カップ入り250円」と書かれているのが不思議だったのですが、

f:id:yamadayukonet:20171016092457j:plain

ここから取るのは全てコーンの150円で、「250円でカップ」というのは、もともと商品になっているカップアイスのことだそうです。画像左にちょっと写ってるものです。

迷いに迷って私は枝豆、娘はキャラメルミルク。

枝豆アイスは、色はうっすら淡い黄緑でしたが、アイスが口の中で溶けたときに鼻から抜ける&口の中にとどまる香りがとっても枝豆でした。「おほっ!これは…枝豆!」と夫婦で喜びました。

これはトマト味も食べたいところ。さすがに今年はもう寒いかも。来年必ずや。

まとめ

  • トマトバーガーは、夢・なるせ直売所での限定販売です
  • 着いたらまずは注文を!出来上がるまでの時間に、店内や外に並ぶ商品をゆっくり見るのがおすすめ
  • 注文したら目の前で作ってくれるのが、またいい。
  • 米粉パンのもっちりもいい!
  • これで300円て安いよ・・うまいよ!!
  • 枝豆ジェラード、あとから湧き出す枝豆の香りがおいしかった。

あと1ヶ月もすると、直売所も冬季休業期間に入ります。これからピークを迎える東成瀬の里の紅葉を楽しみながら、ぜひこちらにも寄ってみてください。 

 

トマトバーガーに使われているケチャップについては、こちら。

 

スポンサーリンク