秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

紅葉まみれ 小安峡・大噴湯

小安峡(おやすきょう)の紅葉が見ごろを迎えたということで、朝からの快晴に背中をどんと押され、赤ちゃんを連れて行って来ました。

小安峡とは(wikiより)

小安峡は、湯沢市にある雄物川支流、皆瀬川上流にある峡谷。全長約8kmで、栗駒国定公園に含まれる。上流すぐの位置には小安峡温泉がある。

  ってことなんですが、ざっくり一言で言えば県境の山あいってこと。そこからさらに20kmほど進むと、岩手県一関市や宮城県栗原市の方に行きます。

f:id:yamadayukonet:20171027134631p:plain

小安峡と言えば「温泉」そして「大墳湯」

小安峡大墳湯(だいふんとう)について。小安峡は、ここを流れる皆瀬川の急流が長年にわたって両岸を深く侵食してできた峡谷ですが、なんとこの谷底に、その脇を走る国道398号線の道路から降りていくことができるのです。

谷の底まで降りても遊歩道は続きます。

その途中に「シューッ」と音をたてながら98℃の熱湯と蒸気が激しく噴出する場所があり、「大墳湯」と呼ばれています。「大地の息吹」なんて説明されてますね。湯沢市観光物産協会【見どころ-小安峡大墳湯-】

f:id:yamadayukonet:20171027092202j:plain

行ってみると、平日にも関わらず観光客でにぎわっていました。観光バスも数台来ていて、駐車スペースもかなり埋まっていました。

f:id:yamadayukonet:20171027092200j:plain

一番の目当ては大墳湯と橋から見る峡谷の紅葉だったのですが、どこもかしこも紅葉してるので、駐車場で車から降りてぐるりと回りを見渡しただけでも、満足してしまいそうに…。

f:id:yamadayukonet:20171027092146j:plain

駐車場を出て道路を渡れば、すぐに遊歩道入り口。

f:id:yamadayukonet:20171027092151j:plain

f:id:yamadayukonet:20171027092155j:plain

ここに来るまでは、数百段の階段も厭わず大墳湯を見に行くつもりだったのですが、何せ赤ちゃんを抱っこひもで抱っこしていたので、体力を心配して今日はやめました。

 

と言うわけで、大墳湯を上から見下ろせる橋にやってきました。

f:id:yamadayukonet:20171027092206j:plain

こんなアングルで撮られた観光ポスターをよく見ますが、この橋です。

f:id:yamadayukonet:20171027131748j:plain

画像はこちらより拝借してます http://www.walkerplus.com/article/115009/

 

以下、撮影素人(私)のスマホ撮影画像でお楽しみください。

f:id:yamadayukonet:20171027092209j:plain

大噴湯はこっち側。

f:id:yamadayukonet:20171027092213j:plain

 見ろ!人がゴミのようだ!見てください!あれくらい、川の近くを歩けます。川と言っても冷たい水じゃないですよ。確か60℃くらいはあるって聞いたかなあ。

f:id:yamadayukonet:20171027092214j:plain

見下ろすのをやめて振り返ると、そこも紅葉。

f:id:yamadayukonet:20171027135550j:plain

反対側も、見渡す限り紅葉。それにしても人が多いね!平日でもこの人手です。

f:id:yamadayukonet:20171027092233j:plain

たまに、こういう風に杉があるのがアクセントでいいのかもなあと思った。紅葉の中に濃い緑、とがった先の形。f:id:yamadayukonet:20171027092238j:plain

大噴湯の記事は、また今度行ったときにじっくり書こう。

物産販売所と栗駒アイス

さて駐車場に戻ると、お店があります。

一つ目は観光物産館。

f:id:yamadayukonet:20171027092242j:plain

ここは正直…残念でした。確かに稲庭うどんなど、ここ湯沢の物も売られてはいますが、秋田犬のイラストのグッズとか、なまはげのイラストのお菓子とか、横手焼きそば・きりたんぽ関連のお菓子とか…しまいには「東北限定 ずんだ○○」とか…。

広くない店内、なぜ敢えてこのラインナップ…という感じでした。実際「これならここで買わなくてもね」という会話も近くにいたおばちゃん達が。

訳あってのコレなのかわかりませんが、すごく中途半端。「よーし何か買お!」って人の気持ちも不完全燃焼になりそう。

外では、栗駒高原ジェラートが売られています。売り子のばあちゃん、全然訛ってなかったなあ。祝祭日などは、みなせ牛串焼きのお店が出ていることもあります。

ジェラートのお店を撮りたかったけど、絶えずお客さんが買ってるので諦めました。

 

お隣のあぐり館。こちらは、皆瀬一色でした。いい!

f:id:yamadayukonet:20171027092246j:plain

f:id:yamadayukonet:20171027092256j:plain

書いてあるように、地熱を利用した乾燥野菜が人気だそうです。

f:id:yamadayukonet:20171027092302j:plain

f:id:yamadayukonet:20171027092306j:plain

漬物に貼られているラベルも、生産者の方の住所はどれも皆瀬内。

f:id:yamadayukonet:20171027092315j:plain

かぼちゃも。いろんな種類があるんですねえ。

私も切干大根と乾燥ナスを買いました。

 

外に出るとまた紅葉。

f:id:yamadayukonet:20171027092323j:plain

f:id:yamadayukonet:20171027092336j:plain

駐車場敷地内には、足湯もあります。

f:id:yamadayukonet:20171027092340j:plain

まとめ

紅葉を求めて小安峡、特に大墳湯を目指したのですが、大墳湯まで降りていかなくてもそこらじゅうが紅葉のため、十分満足してしまいました。

(赤ちゃん連れで行くのが厳しかったのもあるけど)

あっちを見てもこっちを見ても、振り返っても、橋から見下ろしても、大墳湯から見上げても、ここは本当に紅葉だらけです。紅葉まみれ。

これだけ赤や黄色が美しいと、どんよりした曇り空にもまた映えるんだろうな、とか思いながら後にしました。

それにしても、晴れて暖かい日は、カメムシの稼働率もすごいよ!

 

大墳湯以外にもいいとこあります。紹介しきれなかった付近のいいところはこちらの記事で!

 

スポンサーリンク