秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

木々の声がこだましてた。湯沢市「世界ダリア園」

湯沢市山谷峠にある「世界ダリア園」に行ってきました。

とここまで書いてリンクを貼ろうとしたら、そこのページにも全く同じように湯沢市山谷峠にある「世界ダリア園」と書かれてました。やっぱり、ダリア園=山谷峠、なんだなあ。

湯沢市観光物産協会【見どころ-世界ダリア園-】

世界ダリア園とは

湯沢市と旧稲川町(現湯沢市)の境にある山谷峠。ここを通る山谷トンネルを抜けたすぐのところにダリア園はあります。平成4年の開園以来、徐々に面積と植栽本数を増やし、現在は80aの広さに約230種類、2200本ほどのダリアが植えられています。

ダリアって、230種類もあるんだな…世界は広いよ。

でもって、ダリアとはキク科ダリア属の多年生草本植物の総称なんだそう。へええ。

花の時期は長く、初夏から晩秋まで。ここのダリア園は、8月下旬から10月末までの開園です。

確かに多種多様が楽しめた

今回ダリア園に初めて行ってみました。

これまでも、ここの道を通る際にちらと脇を見ればダリアが見えてたので、特に中に入ってまで見ようとは思わなかったんですけどね。

多種多様と言われると、見てみたくなるじゃないの。ねえ。

 

稲川から湯沢方面へトンネルを抜けたらすぐ、左手に曲がるとダリア園駐車場です。

入園券は、ここの管理棟で。

f:id:yamadayukonet:20171013103044j:plain

特に、観光地っぽいダリアとなまはげコラボのストラップwみたいなお土産品は置いていませんが、1本100円でダリアが売っていました。

 

では、レツゴー。

f:id:yamadayukonet:20171013103047j:plain

ダリア園は、この写真で見えている範囲だけです。80アールの広さとも言ってたので、それほどの広さでもないかと。

けど、進んでいくと、ぎっしりと植栽されているのがわかります。

f:id:yamadayukonet:20171013103012j:plain

 

以下、私のつたないスマホ撮影です。

f:id:yamadayukonet:20171013105613j:plain

確かに、多種多様。

f:id:yamadayukonet:20171013105616j:plain

 

惜しむべくは雨上がりに行ってしまったこと。

このように、真ん中には舗装された通路があるのですが、脇に入っていく小道は土の上にシートがかぶさった道なので、スニーカーで歩こうとすると溜まった雨水がぐじゅっと出てきてしまいます。長靴があれば大丈夫。

f:id:yamadayukonet:20171013103018j:plain

なので、全通路をまんべんなく歩いて間近でダリアを見たいときは、晴れ続きのときか長靴持参がおすすめです。

気付けば山に、すごく近づいていた

さすが峠の中腹にあるだけあって、園の中をじわりじわり奥に進んでいると、いつの間にかこんなに山が近くなっています。

f:id:yamadayukonet:20171013102959j:plain

f:id:yamadayukonet:20171013103001j:plain

 

歩いてきた方を振り返ると、園がすっぽり山の陰になっているのがわかります。

f:id:yamadayukonet:20171013103018j:plain

山登りや山菜・キノコ採りでの入山なんてすることがないので、何だろう、子どもの頃に、山の中の神社や公園で遊んでいたときの感覚を思い出しました。太陽が出ていても、木陰はひんやりしていてね。

風が吹くと、山の木々がざわざわ言うのがすぐそばで聞こえて、迫力ありました。

 

なかなか写真映えしない

何枚も写真を撮りながら気付きましたが、ダリアって、豪華絢爛な花の姿からは想像できないくらい、写真映えしない。

さすがキク科(だからかどうかはわかりませんけど)、葉や茎の緑の分量が多いので、いくら花自体に存在感や華やかさがあっても、全体を写すといまいちパッとしないのでした。もちろん、私の撮影の腕も大いに関係してますがね。

 

皮肉にも、今日一番うっとりしてしまったのは

f:id:yamadayukonet:20171013102944j:plain

花の墓場。

 

f:id:yamadayukonet:20171013102948j:plain

枯れてきた(ように見えないけど)花が、こうやって摘まれてあそこへ行くのかな。

 

山の中腹とは言え、ゆるーい坂道を歩いていけるダリア園。行きも帰りも特に疲れは感じません。

今度行くときはもう少し暖かいときに、そして園の隅々まで歩けるようなときを狙っていきたいと思います。

 

駐車場では、ススキがざふざふ揺れてました。

f:id:yamadayukonet:20171013102930j:plain

車に乗ろうとしたら、管理棟から受付のおばちゃんが走ってきて、「これ、もう終わりそうなお花だから、よかったらもらって」と新聞紙に包まれたダリアをくれました。

 

やっぱり花だけ撮ると、素敵ね。

f:id:yamadayukonet:20171013102923j:plain

手前のダリアは、子どもの頭より大きいくらい。

 

帰ってきてから意外にも頭の中で反芻し続けているのは、色とりどりのダリアと共に、迫ってくるような山の斜面や、風が鳴らした山の木々の音だったり。

なんか不思議な空気の場所でした。

まとめ

  • 湯沢市「世界ダリア園」は多種多様のダリアが楽しめる
  • 隅々まで見たいなら、土が乾いてそうな日を選ぼう(または長靴)
  • 山の中腹なので、気温は現在マイナス1度で考えて
  • 花の捨て場も、うっとり見ちゃうよ
  • 1~2本買って飾ると、とっても素敵です

また来年。

スポンサーリンク