秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

初訪問の「夢・なるせ直売所」こんなとこでした

雲ひとつない青空で始まった9月初日。こんな青空のときにドライブしたくなるのは東成瀬。

今日は、以前から気になっていた「夢・なるせ直売所」に行ってきました。

「夢・なるせ直売所」とは

夢・なるせ直売所を説明するには、まずは「農業法人なるせ加工研究会」を先に説明する必要があるのですが( 「加工研究会」だって。かっちょいいよね…)

なるせ加工研究会と言うのは、地元のあばがだ(訳:お母さんたち)が中心となって、地元の野菜で加工品を作って販売している団体です。

タイムリーなことに、前日のさきがけ新聞に載ったみたい。

こちらの皆さんが加工作業をしている場所が東成瀬にあり、そのすぐ隣になるせ直売所があります。

作業場のこと、やっぱり研究所って呼ぶのかしら。だとしたらかっこ良すぎる!

 

代表作はこちら。東成瀬産のトマトで作った、完熟トマト桃太郎 手づくりケチャップソース

f:id:yamadayukonet:20170526092218j:plain

この他にも商品はあり、それらは実は直売所に行かなくても、十文字のスーパーモールラッキーや道の駅十文字でも売られているんですが、

直売所ってどんなお店か、以前より非常に興味を持っていたので

思い立ったが吉日。夢・なるせ直売所へゴー。

 

というわけで国道342号線を東成瀬方面へブーン。ブーーーーーーン。

f:id:yamadayukonet:20170901141214j:image

ブーーーーーーン。

 

途中、仙人さまの笑顔にも会い(東成瀬村のキャッチコピーは「さわやかなるせ 仙人の郷」)

f:id:yamadayukonet:20170901140926j:image

 

f:id:yamadayukonet:20170901141055j:image

東成瀬中心部の、学校やら村役場やらがまとまっているエリアも過ぎ

 

ブーーーーーーン。

 

ブーーーーーーン。

 

…あれ…通り過ぎたかな…と思うころに、「夢・なるせ直売所1km先」のような案内が出始めます。

 

到着!

東成瀬村に入ってひたすら国道342号線を進むと、右手に見えてきます。

f:id:yamadayukonet:20170901140940j:image

「こっち行ったらジュネス栗駒スキー場、こっち行ったら須川湖よ~」の案内があるY字路まで行ってしまったら明らかに行きすぎです。スピード出しすぎて見逃しただろ!

戻ってくださいね。

 

ついに初来訪を果たしましたが、はたしてどんな建物なのかしらと、端から端までじらりと見てみます。

f:id:yamadayukonet:20170901140945j:image

この写真で、端から端までほぼ写っていますが、このとおり大きい建物ではありません。こじんまり。

 

こういうの売ってますよ。でもここに書かれてないのも売ってますよ。

f:id:yamadayukonet:20170901141128j:image

 

一歩足を踏み入れると、お店の中に入る一歩前の通路に、野菜やその他いろいろ並んでいました。

東成瀬ならではのお菓子の横に、油とか麺つゆとかごくごく普通の日用品が。

f:id:yamadayukonet:20170901141203j:image

タンサン(重曹)は、山菜の時期重要ですもんね!(今時期じゃないけど)

 

f:id:yamadayukonet:20170901141154j:image

熊かあ。ハードル高いなあ・・

 

みょうがとか、こんなにたくさんどうしろと?って量がこんな値段で。

f:id:yamadayukonet:20170901141137j:image

こんなに真っ赤でこんなに元気でこんなに沢山入って、200円です。すごいね!

f:id:yamadayukonet:20170901141127j:image

 

野菜を一通り見てから店内に入ってみました。

店内は、こじんまり。めんこい!って感じ。

f:id:yamadayukonet:20170901140936j:image

f:id:yamadayukonet:20170901140932j:image

 

以下の加工品は、先にも書いたように十文字ラッキーや道の駅十文字にも置いてあります。

たけのこ水煮

f:id:yamadayukonet:20170901141109j:image

ちょっと!笑

なめこじゃないでしょ!たけのこよっ!!!笑

 

手づくりケチャップと、焼肉のたれ

f:id:yamadayukonet:20170901141114j:image
f:id:yamadayukonet:20170901141027j:image

 原材料、全部スーパーで私たちでも買える材料ですね。本当に添加物一切なし。

f:id:yamadayukonet:20170901140900j:image

 

私はこの時期、家族が作るトマトやミニトマトを食べ過ぎている毎日なので、敢えてこの時期にトマトを買うという気分にはなれないんですが

そうでもない環境にいたら、これとかもたまらないと思う。

f:id:yamadayukonet:20170901140950j:image
画像、暗くてあまり見えませんが、瓶の上のほうにトマトの上澄み(?)が。きれいだった。


上段:ばっけみそ・練りうめ・とまとジャム(ばっけとは、ふきのとうのことです)
f:id:yamadayukonet:20170901141022j:image
下段:麗夏というトマトを使った加工品。このままパスタとかに使えるみたい。

せっかく来たんだし、何か買ってくか~と、ここは代表商品のトマトケチャップを買いました。

レジで、「よかったらつまんで~」とミニトマト出してもらった。ジューシー!
f:id:yamadayukonet:20170901140929j:image

赤ちゃん連れだと、「あやめんこい~~~ 何ヶ月?」と話しかけられることが多く、ミニトマトいただきながらレジの40~50代のおねえさんとお話してきました。

 

「今はこんな時期だから、夏野菜しかなくてね…!」とのこと。なるほど!

春は山菜、秋はきのこがずらり並ぶそうで、それを目的にくるお客さんが沢山いるらしいです。


ところで今日ここに来て初めて知ったのが、喫茶メニューもあること。

f:id:yamadayukonet:20170901140923j:image
文字切れちゃってますが、「トマトアイス」「いちごアイス」「枝豆アイス」あと3つはなんだろう?
カップに入れると250円、コーンだと150円ってことらしいです。なんだ?高級カップなのか?

 

そしてもう一つ、気になったのがトマトバーガー

今日は午前10時頃行ったので、おなかもすいていなかったので頼みませんでしたが、ぺらっと一枚張り紙がしてて、写真がないところがいっそう気になる・・

「東成瀬産のトマトと東成瀬で水耕栽培したレタスを、米粉のバンズに挟みます」と書かれていました。「バーガー」言うくらいだから、トマトとレタスだけってことはないよね、ちゃんとハンバーグも挟まってるよね、

 

そしてこれ、きっとあれよね、代表作のケチャップも使ってるよね。それで300円ってのはすごいお手頃なんでないかい?もしかして贅沢な一品なんじゃないかい?って、

なぜ私はトマトバーガーの張り紙の写真を撮ってこなかったんだ・・・!あーっ、ばか!

載せたかったよ、ここに…。

 

まとめ

  • 夢・なるせ直売所は、こじんまりしたお店だった
  • 相変わらずそこまでの道中は運転していて気持ちがいい
  • トマトバーガーと枝豆アイス、次回絶対食べる
  • 野菜ももちろん安い
  • 時期によって並ぶ商品ががらりと変わるから、いつきても面白そう
  • 紅葉の時期はむちゃくちゃ混むらしい

 

今日買ったトマトケチャップのレビューと、トマトバーガーを食べてみた感想はまたいずれ。

紅葉で東成瀬が混むまでには、必ず再訪します!

スポンサーリンク