秋田てくてく*南南東

秋田に移住した主婦が、横手・湯沢・その周辺のことなどを書きます

十文字ラーメン「マルタマ」2割食レポ、8割その他

国道13号線を山形方面に向かい、「佐賀会沖田(さがえおきた)」という大きな交差点を左折し150mほど進んだところに、元祖十文字中華そばマルタマがあります。

十文字ラーメン(正式名称:十文字中華そば)とは、横手市十文字地域を中心とする地域で食されるご当地ラーメンのことで、スープは煮干や鰹節などを出汁に使用したあっさり和風醤油味、そして麺はかんすいを全く使わない独特の食感を持つ細いちぎれ麺なのが特徴です。(wikiより)

 

行こうと思えばいつでも行ける距離に住んでいる私ですが、数ヶ月に一度くらい急に食べたくなり、娘を連れて行ってます。今日はそのレポートを。

お店に到着、駐車。

13号線を左折して200mも走らないうちにお店はあるのですが、左折してすぐに「看板!あったよ!」とは見えないのです。街路樹で隠れ気味。

この看板が目印です。

f:id:yamadayukonet:20170911141305j:plain

車はお店の前に5台止められます。

f:id:yamadayukonet:20170912083607j:plain

けど、駐車がとっても下手なうえに交通量の多いこの通りで、ここにバックで車を入れるのはハードルが高くて私には無理…

 

という方も、安心してください。ほら!

f:id:yamadayukonet:20170912084135j:plain

 横にもずらーっと、止められるスペースがあります。私はいつもこっち。

f:id:yamadayukonet:20170911141336j:plain

今回は月曜日の12時前に行ったので並んでる人はいませんでしたが、これが休日、特に帰省シーズンや行楽シーズンとなると、ここにイスが置かれて10人以上並んでいることもあります。

店内は席がたくさんあり、お客さんの回転も早いので、それほど待ち時間が長くなることはないかと思います。

店内にゴー。

入り口にはこのポスター。かっちょいーね。

f:id:yamadayukonet:20170911141349j:plain

 

店内に入るとこんな感じです。目の前にカウンター席(表側)

f:id:yamadayukonet:20170911141406j:plain

f:id:yamadayukonet:20170912095806j:plain

食券

食券…。

 

券売機…

と周りを見わたしても、券売機がありません。

マルタマでは「食券を求める」とは、券売機で食券を買うのではなくレジのところで注文することを言います。覚えててね!

食券を受け取るわけでもなく、普通にレシートを渡されます(笑)

f:id:yamadayukonet:20170911141719j:plain

で、もしすぐに座れない場合でも、先に食券を買っておいてくださいね。

 

店内は、カウンター席・テーブル席・小上がりの席があります。

小さいお子さん連れのお客さんはだいたい小上がりの席に座るかな。私もいつも子連れで行くのでここに座ります。

座布団6枚が敷かれた広い席ですが、小さい子どもと2人だけでも、どうぞどうぞとすすめてくれるのでありがたい。

f:id:yamadayukonet:20170911141501j:plain

テーブル席とカウンター席(裏側)

f:id:yamadayukonet:20170911141735j:plain

平日12時前に入ったのでお客さんはそれほどいませんでしたが、このあと、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

 

ところで、先にも載せたこの写真、お店入ってすぐのところですが

f:id:yamadayukonet:20170911141406j:plain

カウンター左端に、セルフの冷水器があります。

この存在に気付かずうっかりギリギリのところに座ってしまうと、お水を取りにきたお客さんの気配を絶えず横に感じながらラーメンをいただくことになるので、注意です。

 

カウンター裏側でも…

f:id:yamadayukonet:20170911141516j:plain

冷水機とついたての間がわずかに開いているので、右端に座ると、お水を取りにきたお客さんの姿を絶えず前方に見ることになります。こういうの、落ち着かない方は、ぜひ端を避けて座りましょう…笑

それでは、いただきまーす

とその前に、こちらがメニューです。ご覧あれ。

f:id:yamadayukonet:20170911141659j:plain

お客さんの8割は「中華そば500円」か「中華そば(大盛)600円」を頼んでる気がしますが、どうでしょう。

娘も例にもれず、いつもの中華そば

f:id:yamadayukonet:20170911141627j:plain

きたきた。(ɔ ^⌣^)^⌣^ c)

 

目の前にラーメンが来て箸を割ったら、まず先に熱いスープを一口。必ずもれる「プハー」うまーい。

今回はいつもより、スープの塩気が強いように感じました。日によって違うのか、私の体調のせいなのか。でも、うまーい。

そして麺をすくってゾゾゾゾゾゾ ゾゾーっといただきます。うっまい。

 

十文字ラーメンと言えば底まで見える透き通ったあっさりスープを言う人が多いですが、私はむしろこの麺が、ときどき無性に恋しくなっている気がします。

f:id:yamadayukonet:20170911141557j:plain

うねうねとした縮れ麺。ぽこぽこした凹凸、それでいてツルツルした表面。

上唇と下唇の間をゾゾゾゾーっと通り抜けて口の中に入っていくときの感触、舌の上でばらっとばらける感じ…これが、いいんですよ。これが、いいんですよ。

表現が下手ですみませんね…まあいいさ食えばわかるさ。

 

私は今回初めて頼む、たぬき中華そば。おっ、具がちょっと違うね。

f:id:yamadayukonet:20170911141610j:plain

具に変化がありますが、麺とスープは普通の中華そばと同じでしょうか(違っていたら本当にすみません!!)

もちろん名前の通り揚げ玉がのっているので、スープにそれなりに油分は見えますが、スープを一口飲んでも「ふぉぉぉぉぉぉ!普通の十文字ラーメンと全然違う!!」ってほど違うわけではありません。麺の感じも然り。

 

ただ、口の中ではらほろと噛み砕いた麺が喉の奥に進むとき、舌の上にはこのふわふわで大きめの揚げ玉が残ります。

なので、一口の最後には必ず揚げ玉オンリーを楽しむ一瞬があります。

その後、ラストランナー揚げ玉が喉の奥に消えたときに、口の中と心には、この揚げ玉のようにふわんとした心地よさが広がるのでした。

今日も美味しいものを、ごちそうさまでした。

 

お店を出るときに、おっちゃん2人が食べてた大盛りカレーライスが目に留まったんだけど、それも美味しそうだったあー… 

まとめ

  • 駐車スペースは十分にあるから、駐車に自信がない人でも大丈夫
  • お店の前に10人くらい並んでいても、待ち時間はそんな長くなりませんよ
  • 食券はレジで。
  • 割と早くラーメン出てくるので、トイレに行きたい場合は席に着いたらすぐ行こう
  • ラーメンが出てきたら、一目散に食べるべし
  • まさかのカレーも美味しそう

 

元祖中華そばの店マルタマは、火曜日定休です!

f:id:yamadayukonet:20170911141648j:plain

 

せっかくここまで来たんだし、近くに何か面白いとこないかな~と探してる方は、ぜひラッキーに行ってみよう! 

www.yamadayuko.net

 

スポンサーリンク